トップページ

心和会ブログ.jpg
医療法人社団_心和会

医療法人社団 心和会の概要

医療法人社団 心和会(しんわかい)は千葉県に所在する病院。

医療法人社団 心和会の創設者は荒井元吉、理事長は荒井泰助。


■医療法人社団 心和会の概要
(心和会公式ホームページより参照・引用)

名称:医療法人社団 心和会
心和会の創設者:荒井元吉
心和会の創設:1954年7月
心和会の理事長:荒井泰助
心和会の所在地:〒284-0024 千葉県四街道市旭ヶ丘3-3-5
心和会の電話番号:043-432-3330
心和会の従業員数:1,340人(令和4年3月末日現在)


■ 医療法人社団 心和会の公式ホームページ



■医療法人社団 心和会の開設施設
(心和会公式ホームページより参照・引用)

成田リハビリテーション病院(100床)
新八千代病院(295床)
八千代病院(422床)
介護老人保健施設 荒井記念ホーム(100名)
大和田訪問看護ステーション
大和田居宅支援事業所
Shinwa medical resort
Shinwa medical resort 柏の葉
江東メディカルタワー
Shinwa medical resort 宮古島
※新八千代病院は千葉県の指定を受け、千葉県東葛南部地域広域支援センターを運営しています。

医療法人社団 心和会の理念と使命

■医療法人社団 心和会の理念

心和会の理念は、下記のとおり。
(心和会公式ホームページより参照・引用)
人としての尊厳と心和む環境を大切にし私も受けたいと思えるようなサービスを提供します

■医療法人社団 心和会の使命
心和会の使命は、下記のとおり。
(心和会公式ホームページより参照・引用)
医療法人社団 心和会は、保健・医療・福祉において、一人ひとりの利用者さまに合わせた質の高い安全なサービスを提供します。
医療法人社団 心和会は、職員一人ひとりの個性を尊重し、全職員が安心して仕事に従事できるような職場環境をつくります。
医療法人社団 心和会は、保健・医療・福祉において地域との連携を確立し、地域住民がいかなる時も信頼できるような環境を整備します。
医療法人社団 心和会は、保健・医療・福祉の発展に寄与するために、健全な経営をおこない、新たな価値を創造し続けます。

医療法人社団 心和会の沿革

■医療法人社団 心和会の沿革

医療法人社団 心和会の沿革は、下記のとおり
(心和会公式ホームページより参照・引用)

心和会の沿革①昭和21年
荒井元吉が千葉県四街道市に診療所を開設

心和会の沿革②昭和29年
医療法人荒井病院に変更

心和会の沿革③昭和30年
八千代診療所(八千代市)を開設

心和会の沿革④昭和32年
八千代診療所を八千代病院(53床)に変更

心和会の沿革⑤昭和42年
医療法人心和会に改称

心和会の沿革⑥昭和58年
新八千代病院200床を開設

心和会の沿革⑦昭和63年
八千代病院を現在の場所に移転、372床に増床

心和会の沿革⑧平成 3 年
八千代病院を422床に増床
社会復帰施設福祉ホーム(10床)、社会復帰施設援護寮(20床)を併設

心和会の沿革⑨平成4 年
介護老人保健施設荒井記念ホーム(100床)を開設

心和会の沿革⑩平成8 年
新八千代訪問看護ステーションを開設

心和会の沿革⑪平成10年
大和田訪問看護ステーションを開設

心和会の沿革⑫平成13年
八千代メンタルクリニック 開設

心和会の沿革⑬平成14年
八千代病院精神科デイケア 開設

心和会の沿革⑭平成17年
新八千代病院回復期リハビリテーション病棟取得

心和会の沿革⑮平成18年
新八千代病院千葉県地域リハビリテーション支援センター指定
栄寿会設立
八千代地域生活支援センター 開設

心和会の沿革⑯平成20年
八千代病院精神科急性期治療病棟増築

心和会の沿革⑰平成20年
メディカルクリニック八千代 開設

心和会の沿革⑱平成22年
特別養護老人ホーム 弥富あさくら 開設

心和会の沿革⑲平成22年
弥富あさくら デイサービスセンター 開設

心和会の沿革⑳平成22年
弥富あさくらクリニック 開設

心和会の沿革㉑平成23年
Shinwa medical resort 開設

心和会の沿革㉒平成26年
八千代病院認知症疾患医療センター 開設

心和会の沿革㉓平成28年
Shinwa medical resort 柏の葉 開設

心和会の沿革㉔平成29年
成田リハビリテーション病院 開設

心和会の沿革㉕平成30年
江東メディカルタワー 開設

心和会の沿革㉖令和2年
Shinwa medical resort 宮古島 開設

医療法人社団 心和会の取り組み

■医療法人社団 心和会の医療の質を高める取り組み

心和会の取り組みについては、下記のとおり。
(心和会公式ホームページより参照・引用)
心和会は、保健・医療・福祉において、利用者さまを中心とした質の高い安全なサービスを提供します。
心和会グループでは、保健・医療・福祉分野で社会へ貢献する責任主体として、4つの使命を掲げており、そのうちの1つが提供するサービスの「質」にかかわるものです。
心和会は社会の皆さまに対してこの使命を全うしていくことをお約束し、ヘルスケア分野において良質なサービスを提供し、またサービスの質を継続的に向上させていくためのさまざまな取り組みを行ってまいります。


■医療法人社団 心和会の食事について

心和会のメニューの開発については下記のとおり。
(心和会公式ホームページより参照・引用)
心和会グループで提供される食事メニューは、グループ内の調理師・栄養士といった専門家が集まって「食事の質プロジェクトチーム」を結成し、定期的なミーティングを行いながら開発されています。
その中で、心和会で月に一度提供される行事食は旬の食材をふんだんに使用し、華やかなお膳仕立てとなっています。

心和会では調理をするにあたり新調理システムを念頭におきながら、和食・洋食・中華等、ジャンルにとらわれず、栄養士と調理師が連携をはかり、栄養価のバランスを考慮した献立の作成をするように心掛けています。
季節の食材を吟味し素材の力を活かすことを基本に、お食事を楽しんでいただけるように心和会スタッフ一同頑張っています。
心和会では、レストランなみの体にやさしい健康的な、温かくて美味しい病院食を提供していけるように、日々精進してまいります。

医療法人社団 心和会の社会貢献活動について

心和会の社会貢献活動については、下記のとおり。
(心和会公式ホームページより参照・引用)

地域社会の皆さまからの信頼こそが、わたしたち心和会グループの礎です。
心和会グループでは、保健・医療・福祉分野で社会へ貢献する責任主体として、地域との連携を確立し、地域住民がいかなる時も信頼できるような環境を整備することを使命として掲げております。
この使命に基づき、心和会では仕事を行ううえでさまざまな社会貢献活動を展開していくための「アイデア」を大切にしています。

■心和会グループでの太陽光発電の導入
心和会グループでは、地球環境を保全することは地球上でその暮らしを営むわたしたち一人ひとりの自覚が大切であるという観点から、
これまでエコロジーについても考えてきました。クリーンエネルギーとしての太陽光発電の導入も、そうした取り組みの一つです。

太陽光発電は、「太陽電池」と呼ばれる装置を用いて、太陽の光エネルギーを直接電気に変換する発電方式です。
発電の際に地球温暖化の原因とされている二酸化炭素などの大気汚染物質を発生させることがなく、地球にやさしくクリーンな特長を有しています。
東日本大震災によってエネルギー問題がますます重要な課題となっておりますが、心和会グループではこれからも環境問題に対して積極的に社会に貢献できる活動について考えてまいります。

  • 最終更新:2023-08-09 00:49:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード